title-%e7%86%b1%e4%b8%ad%e7%97%87%e5%af%be%e7%ad%96-%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82%e9%ab%98%e6%b4%a5%e5%8c%ba%e6%ba%9d%e3%81%ae%e5%8f%a3

熱中症対策 川崎市高津区溝の口

こんにちは!からだラボ整骨院溝の口院です!

 

日に日に暑くなる今日この頃、誰に会っても暑いですねと言いたくなるような暑さですよね。

そうすると、どの番組でも持ち上げられる熱中症対策。もう良いよ!となりがちですよね。

ただ今日は通常の熱中症とは違う。

意識しないような熱中症、夜の熱中症についてお話させていただきます!

「熱中症なのになんで夜?」と思いますよね。

実は、熱中症で亡くなる方の約4割は夜になる熱中症で亡くなられているというデータが存在します。

なぜ夜に熱中症になってしまうかというと単純です。

寝ている間は水分補給や体温調節ができないからです。

寝て起きると毛布がベッドの下にある経験ってありませんか?

あれが寝ているときにできる最低限の体温調節なんです。

それと、お酒を飲まれる方はアルコールが関与してきます。

この時期、キンキンに冷えたお酒が最高に美味しい時期ではあります。

ただ、お酒は水分補給にはなりません。

むしろアルコールは体の中の水分を取ってしまいますので要注意です!

じゃあどうすれば良いか?お話しします。

①寝る前に水分を取る

これは正直年中行った方がお身体的に良いです。

それにプラスでお風呂上がりにも水分を取ることは有効です。

できれどちらも心かけましょう。

 

②冷房をつけっぱなしにする。

寝ているときは冷房をつけっぱなしにした方安全です。

タイマー設定ですと切れた後に何時間も締め切った部屋で蒸されるようになってしまいます。

これを一番避けていただきたいです。

でも電気代が‥と思うかもしれませんが

電気代より入院費や診療代の方が高いので惜しまずいきましょう。

(エアコンがない場合は窓を開けたまま扇風機を自分に当たらないように回すことが有効です。

暑すぎたらアイスノン等で体を冷やしましょう)

 

④先ほども書きましたがお酒は注意です!

酔ったまま寝てしまうと本当に危険です。

しっかりとお酒を取った量と同量位に水分をとって寝ましょう!

酔ったままコロリと逝ってしまうことは避けたいですよね!

 

年々と気温も上がり暑くなる時間帯も増えてきました。

環境の変化とともに気をつける事も変わりますがお身体を大切にして健康に過ごしましょうね!!

 

現在鷺沼駅・宮前平駅・宮崎台駅・梶が谷駅・溝の口駅・高津駅・二子新地駅・二子玉川駅・用賀駅より交通事故治療、むち打ち治療の患者様が通院しています。
今後もからだラボ整骨院溝の口院は腰痛・肩こりでお悩みの患者様が通院しやすい環境を整えていきたいと考えております。

【からだラボ整骨院溝の口院】
田園都市線溝の口駅徒歩2分
南武線武蔵溝ノ口駅徒歩3分
〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口2丁目5−8 KT増田ビル1F
電話番号044-543-8712

からだラボ整骨院溝の口院ホームページはこちら

 

 
交通事故専門サイト