title-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%81%a8%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%ab%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84

インナーマッスルとアウターマッスルの違い

こんにちは!!

川崎市高津区溝ノ口駅で腰痛・肩コリに対する根本治療

交通事故による怪我の専門治療を行っている、からだラボ整骨院です。

 本日は筋肉の種類についてお話したいと思います!!

IMG_0142

人の身体には何百個もの筋肉があり、その筋肉か何層にも何層にも重なっています。

その筋肉の中で表面の筋肉(表層)をアウターマッスルがと言い、奥深くにある筋肉(深層)をインナーマッスルと呼んでいます。

 

アウターマッスルの役割は、大きな力を発揮する(走ったり、物を持ち上げたり、物を投げたりなど)際によく使われます。

 アウターマッスルはボディービルダーをイメージして頂けるとわかると思いますが、付けやすくて落ちやすい筋肉なのです。なのでずーっと筋肉トレーニングをやり続けないといけないのです。

 

インナーマッスルの役割は、骨や関節を支えていてアウターマッスルの補助をしています。

インナーマッスルは筋肉トレーニングで付けずらいのですが、付けてしまえば一生筋肉が落ちないとも言われています。

 

筋肉が落ちない理由としては…

インナーマッスルは姿勢の維持に関わる筋肉で、常に重力に逆らって生活をしているので一度付けてしまえば筋力が維持出来るのです。

 

 

これらの筋肉の鍛え方

アウターマッスルは、腹筋やダンベルなどの筋肉トレーニングを行えば筋肉は付いていきます。

インナーマッスルは腹筋やダンベルなどをやったとしても鍛えずらい筋肉自分では鍛えられない筋肉と言われています。

 

なぜかと言うとそのような筋肉トレーニングではインナーマッスル を使う前にアウターマッスルを先に使ってしまい、インナーマッスルにほとんど負荷がかかってないからです。

では、どうしたらインナーマッスルを鍛えるかと言うとアウターマッスルをまったく使わない状態、いわゆる全身の力を抜いた状態でインナーマッスルだけを鍛えないといけないのです。

 

しかしそれは自分自身ではまず不可能です。

ただ当院ではインナーマッスルを鍛える機械を用意しています

たった30分間横になっているだけでインナーマッスルをしっかり鍛えることができる特殊な治療機器です。

 

この機械は特許も取得しており、他の家庭用などで使用する電気で鍛えるEMSの機械とは到達度に違いがあり、体格の良い力士でさえ直接的に鍛えられるので当院でインナーマッスルを鍛えてみませんか??

もし、この投稿を見て気になる方や腰痛、肩こり、姿勢を改善したい方は当院へお越しください。

 

現在鷺沼駅・宮前平駅・宮崎台駅・梶が谷駅・溝の口駅・高津駅・二子新地駅・二子玉川駅・用賀駅より
腰痛・肩コリ・姿勢改善治療の患者様が通院しています。
今後もからだラボ整骨院溝の口院は姿勢でお悩みの患者様が通院しやすい環境を整えていきたいと考えております。

 

【からだラボ整骨院溝の口院】
田園都市線溝の口駅徒歩2分
南武線武蔵溝ノ口駅徒歩3分
〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口2丁目5−8 KT増田ビル1F
電話番号044-543-8712

 

からだラボ整骨院 溝の口院のホームページはこちら

 

 

※治療効果には個人差があります。治療を保証するものではありません。

 

 

 
交通事故専門サイト